2016/03/23

【日記】上下ひなまつり




みなさんこんにちは。

学校の補習1日目を寝過ごしたホレスです。

春休みだから許して。

さて、2月20日から3月21日までの間、広島県府中市の上下町では「上下ひなまつり」が開催されていました。


過去形。


今から行っても意味ないです。

今回の記事では、そんな上下ひなまつりと上下町の様子を紹介していきたいと思います。


「上下ひなまつり」と言うくらいですから、町のいたるところに雛人形が展示されています。

こちらは貴重な江戸時代の雛人形なのですが、

怖いよ。

なんなんだよこれ。顔に付いてる黒いゴマみたいなやつ。

じんましんの跡かな?(適当)

見れば見るほど狂気を感じます。

帽子が華やかってところがまた面白い。

僕は雛人形に詳しくないので、どなたか詳しく教えてください。


・・・やっぱり怖いからいいです。

全体で見るとこんな感じ。

今とは全く雰囲気が違いますね。

あくまで僕の知っている雛人形と比べての話ですが。

明治時代になると、雰囲気が最近の雛人形に近くなってきます。

これなら家に飾れますね。

素敵。

そしてこちらの建物の前では、木製の工芸品が売られていました。

きっと熟練の職人が作ったものなのでしょう。

食器類などが段ボールに詰められて売られています。

値段はかなりリーズナブル。

100円から素敵な工芸品を購入することができるのですが、ひとつ気になったことがありました。

なんだよお前。

なんでここにいるんだよ。

突然のドキンちゃん。

コキンちゃんもいるし。

謎すぎますね。

これも熟練の職人が作ったものなのでしょうか。

彩色済み削りだしドキンちゃん。

絶対いらないです。

さて、今回僕が上下町に行った最大の目的はこちらの作品を見るためです。

秋長さちこさん作の雛人形。

ほんと凄すぎますよね。

圧倒的な造形力と美しさ。

本当に行ってよかった。

というわけで、今回の記事はいかがだったでしょうか。

僕が上下ひなまつりに行くのは今回で2回目だったのですが、本当に素晴らしい町だなと再確認できました。

広島県に住んでいる方はもちろん、その周辺に住んでいる方も是非遊びに行ってみてください。

最後になりましたが、主催の上下ひなまつり実行委員会の皆さん、お疲れさまでした。

来年も絶対行きます。